千葉県の注文住宅メーカーを厳選比較!

初めて注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識

    


「マイホームが欲しい!」と思ったとき、まず知っておいた方がよいことはなんでしょうか?「家は一生に一度の買い物」という言葉もあるように、家を建てることは人生の一大イベントのひとつです。この記事では後悔しない家づくりのために、初めて注文住宅を建てる際に知っておきたい基礎知識について、まとめてみました。

建築の依頼先

注文住宅を建てる際、最初に決めるのが建築の依頼先です。一口に注文住宅の依頼先といっても、ハウスメーカー・設計事務所・工務店など、いくつかの種類があります。それぞれの種類を知って、自分に合った依頼先を選びましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは全国展開している企業も多く、どこでも同じ規格で家を建てることが可能です。そのため、品質にバラつきが発生する心配はありません。また、土地探し・資金計画・竣工後のアフターサービスなども一括で対応してくれるため、細やかな相談ができます。「資金計画をはじめ、土地選びなども任せたい」「ある程度パッケージ化されたデザインや設計が希望」「仕上げや設備が規格化された家で暮らしたい」という方は、ハウスメーカーが向いています。

設計事務所・工務店

設計事務所や工務店は地域密着型の小規模な企業が多いため、小回りが利きやすいです。また、設計と施工の両方を同ときに請け負うため、打ち合わせやメンテナンスに関しても対応が早いのが特徴です。また家の設計についても柔軟に対応してくれます。「設計から施工までをワンストップで任せたい」「こだわりが強いので、自分の要望に柔軟に応えてほしい」「地域の特性に合った家を、地域の素材を使って建てたい」といった人は、設計事務所や工務店が向いています。

建築家への相談が向いている人は?

建築家に依頼するとじっくり話を聞いてもらえるため、自分が真に望んだ形を反映した家を建ててもらうことが可能です。設計監理料が別途発生しますが、施工会社と関わりがないため工事品質も厳しくチェックします。そのため「特別な仕様の家を建てたい」「ほかにはない斬新な設計デザインにしたい」「設計および施工監理を任せたい」といった方には、建築家への依頼がおすすめです。

注文住宅の工法

依頼先が決まったら、次は注文住宅の工法を決めていきましょう。家づくりには、さまざまな工法があります。それぞれどんな特徴があるのか?そして、どんな工法が得意なのか?なども考慮したうえで、依頼先を決める方法もあります。

鉄筋コンクリート造

集合住宅や商業ビルなど、規模の大きな建築物に用いられる工法です。防音性はもちろん、耐震性や耐久性にも優れていることから、分譲だけでなく賃貸物件を探す際にも選ぶ方が多くなっています。また、大きな空間を確保することも可能です。そのためあらかじめ基本的な躯体を作っておき、家族の人数の増減やライフスタイルの変化に合わせてリフォームをする方法もあります。住んでいる途中で間取りを変更したり、設備を最新の物に交換したりしながら、長年暮らす方に合っています。

木造軸組工法

日本の伝統的な木造住宅に用いられる工法で、「在来工法」とも呼ばれています。柱や梁、桁などで骨組みを作り、壁に筋交いを入れたり部材の接合部に補強金属を取り付けたりすることで、耐震性を強化させています。加工が容易なためどんなデザインや間取りにも柔軟に対応できること、そして将来的な増改築を含めリフォームもしやすいのが特徴です。また、意外かもしれませんが、実は「木は燃え似にくく、火事に強い」という傾向があります。そのため、木造軸組工法は火事にも強いのです。

2×4(ツーバイフォー)工法

こちらは北米における伝統的な木造住宅の建て方です。断面が2×4インチ程度の木材で枠を組んで枠組を作ることから、「枠組壁工法」とも呼ばれています。また、壁や床など「面」で支える面構造が、最大の特徴です。天井・壁・床の六面体構造となるため、地震や台風の力をうまく分散・吸収し、揺れや衝撃に強いというメリットがあります。また、こちらも木造なので、火事にも強いです。しかし、日本の伝統的な木造軸組工法と比較すると、「間取りの自由度が低い」というデメリットもあります。

鉄骨系プレハブ工法

重量鉄骨と軽量鉄骨の2種類がありますが、主に用いられるのは軽量鉄骨です。面で支えるパネル工法、柱と梁で支える軸組工法、軸組とパネル2つを併用した併用工法の3つがあります。いずれの工法を用いた場合にも、強度が高いのが特長です。また、柱の本数が木造軸組工法より少ないため間取りの自由度が高く、3階建てや4階建てにもできます。しかし、「コストがかかる」というデメリットもあります。

土地選び

住宅を建てるための、土地選びも極めて重要です。地震に耐えられるような、しっかりした地盤を持っているかや、「建てたい」と思える家が建てられる場所なのか、日当たりは良好かなど、チェックすべき点はたくさんあります。

家を建てられる土地なのか?

「幅員4m以上の道路に対し、2m以上接している土地」であることが、家を建てるための条件です。万が一道路が4m未満の場合は宅地から削るので、その分家が狭くなってしまいます。また、使わなくなった田んぼや畑など農地に家を建てようと考えているなら、宅地として使用できるのかを事前に確認しましょう。また電気や水道は引かれているのか、そうでなければ引き込むことは可能かなどの確認も、ひととおり行ってください。

地盤の問題はなさそうか?

土地を選ぶときは、周囲の環境にも注意してください。たとえば土地のすぐ後ろに山や崖があったり、近くに川があったりすると、大雨による洪水や土砂崩れ、山崩れなどの自然災害に対して安全かどうか確認が必要です。また、軟弱地盤だと、地震への耐性といった面で不安が残ります。また、各自治体が公開しているハザードマップを見ると「地震の際はどこが液状化したり、揺れやすかったりするのか?」「土砂崩れが起きやすいエリアはどこか?」「洪水による浸水の恐れがある場所はどこか?」などの情報を、地図で見ることができます。

用途地域は問題ないのか?

都市計画によって「建築できる建物の種類」を定めた地域を、用途地域といいます。全部で13種類にわかれますが、容積率や建ぺい率によってそれぞれ建物の種類や高さが決められているのです。そのため同じ面積の土地でも、条件によっては2階建てを建築できない場所もあります。また、「オフィスビルや店舗、マンションなら建てられるけれど、住宅は建てられない」など建設できる建物に制限がかかるため、そもそも住宅が建てられない土地を選んでしまうと取り返しのつかないことになります。

風通しや日当たりもチェック

「東西に長い土地で、南と東が道路になった角地であること」それが、風通しや日当たりの面で理想的な住宅地だといわれています。しかし、人気が高いため高額です。とはいえ設計や建物の配置である程度改善できるため、理想とまではいかなくてもある程度条件のよい土地を選びましょう。また、平地ではなく斜面になった土地を選ぶ場合は、南東下がりや緩めの南下がりの土地が、理想的です。

まとめ

ここまで「初めて注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識」として、建築の依頼先・注文住宅の工法・土地選びの3つの視点からそれぞれご紹介してきました。しっかり予備知識を身につけておくことで、理想的な注文住宅を建てることが可能です。建ててから後悔のないように、事前に学んでおきましょう。