千葉県の注文住宅メーカーを厳選比較!

注文住宅で間取りを考えるポイント

    

注文住宅で間取りを考えるポイント

注文住宅を建てる際に注目すべきポイントは、デザイン性や性能だけではありません。間取りも生活の快適さを左右する大切な要素です。

とはいえ、初めて注文住宅を建てる方の中には「間取りってどうやって決めればいいの?」「間取りを決めるときに重視すべきことって何?」と疑問に思っている方もいるでしょう。そこで今回は、間取りを決めるまでの流れや間取りを決める上での重要ポイントをまとめて解説します。

間取りを決めるまでの流れって?

間取りを決めるときは、まず「ゾーニング」をしてから細かい間取りを考えるのが一般的な流れです。ゾーニングとは用途ごとに部屋を分けることです。

家族構成や生活スタイルによって部屋の種類や配置は異なります。家族が団らんできるスペースや個人の部屋、キッズルームやドッグランスペース、趣味の部屋など、「こんな部屋がここにほしい」という要望に沿って、部屋の位置を決めていきましょう。

ゾーニングをしたら次は間取りを細かく決めます。日当たりや風通り、人の動きなどを考慮して、快適に生活できる間取りに仕上げていきます。家電や家具の位置をイメージするのもポイントです。コンセントの位置も踏まえて、適切な配置を心がけましょう。

間取りを決める上での重要ポイント

間取りを決める上での重要ポイントは「家族の希望の整理・優先順位付け」「生活動線」「将来的な家族構成」の3つです。それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

家族の希望の整理・優先順位付け

間取りを決めるときは、家族の希望の整理・優先順位付けを心がけましょう。家族が多ければ、それだけ要望も多くなってきます。

「趣味のDIYができるスペースがほしい」「勉強スペースがほしい」「対面式のキッチンがほしい」など、家族によってほしい部屋が異なります。もちろん、大きな家であればすべての意見を反映できるでしょう。

しかし、一般的な大きさの注文住宅の場合は、家族みんなの意見が反映できない可能性がありまます。意見の不一致もあるでしょう。

そのため、家族の意見を整理した上で優先順位をつけることが大切です。「ひとり〇つまで要望OK」「家事をたくさんする人の意見を優先させる」など、ルールを決めて話し合いを進めてもよいでしょう。

生活動線

生活動線も、間取りを決めるときに大切なポイントです。生活動線とは、生活する上での人の動きを指します。

玄関からキッチンまでの距離を短くすれば、買い物から帰ったときにすぐ冷蔵庫に食材を入れられます。お風呂場とベランダを近くに配置することで、スムーズに洗濯物が干せます。

また、玄関からお風呂場を近くすれば、子どもが外遊びから帰ってきたときも廊下が汚れることなくお風呂へ誘導できるでしょう。

このように、ひとつの動作から次の動作へスムーズに移れるような間取りを取り入れることで、生活のストレスや家事のストレスが軽減できます。

将来的な家族構成

間取りを決めるときは、将来的な家族構成も視野に入れておきましょう。まだお子さんがいない家庭でも、将来子育ての計画があるなら子育てしやすい間取りをチョイスしましょう。

お子さんがすでにいる家庭でも第二子、第三子と増える可能性もあります。そのため部屋の数をあえて多くするといった工夫も必要です。

また、お子さんがまだ小さい場合は、お子さんが成長したときの生活を具体的にイメージしておくことをおすすめします。今はきょうだいでひとつの部屋を使っていても、中学や高校へ上がれば個々の部屋が必要になります。

「まだまだ先のことだから」と思い、そのまま設計するとリフォームが必要になるケースもあるので、将来を見据えた間取りを心がけましょう。

【その他】間取り決めのポイント

間取りを決める上で考慮しておきたいポイントはまだまだあります。たとえば玄関です。

玄関は家族全員の靴やスポーツ用品、アウトドア用品やベビーカーなど、たくさんのものを置くスペースです。ウォークインの収納や大き目の棚を配置するスペースを設ければ、ものが乱雑することなくきれいに収まります。

家具の大きさや配置を考慮することも大切です。家具の大きさや配置を考えないまま間取りを決めると、「この場所にこの家具を置きたいのに、構造上置くのが難しい」「家具のせいでドアが開けにくい」などの不具合が生じることも。

家具を置いたときをイメージしながら間取りを考えましょう

そのほか、収納スペースやコンセントの配置も考慮しておきましょう。家事動線に沿ってシューズクロークやウォーク・イン・クローゼットを配置したり、家電製品が使いやすい位置にコンセントを付けたりすることで、より快適な空間に仕上がります。

配置がうまくまとまらない場合は、図面に書き起こしてみましょう。

まとめ

間取りは快適さや生活スタイルを左右する大切なものです。間取りを決めるときは、家族で話し合った上で、生活動線や将来の家族構成などを考慮していきましょう。

また、家具や収納スペース、コンセントなどの配置をイメージすることも大切です。注文住宅メーカーによっては、ヒアリングをもとに間取りのシミュレーションや図面を作ってくれるケースもあります。

初めて注文住宅を建てる方は、注文住宅メーカーに間取りに関する相談をしてみましょう。